イベントカレンダー

2017/7/21(金) うぶやま天文台にHα太陽望遠鏡が導入されました

高性能干渉フイルタを用いた太陽望遠鏡が導入されました。
アメリカのラント社のLS60THaという機種で、口径60mmの屈折天体望遠鏡です。

エタロンというバンドパスフィルタ(波長656.28mmのHα線)を用いて安全に太陽フレア(太陽風)、プロミネンス(紅炎:太陽の外周に炎のように飛び出て見える)、彩層面の明るいプラージュ、黒いスジ状のダークフィラメント、黒点などが観察できます。
この機材により、通常はなかなか見ることができない、貴重な生きている太陽活動の様子を安全に観察できます。

ご利用を希望される方は、産山村教育委員会にお問い合わせください。
産山村教育委員会 電話 0967-25-2214

Hα太陽望遠鏡による太陽のHα画像


ページの先頭に戻る